2012年06月14日

南八ツ 硫黄岳・横岳 一日目@ 〜電車 de Go!〜

DSC_1374_r.JPG




日 時:2012年6月2日(土)〜3日(日)
場 所:硫黄岳・横岳
コース:@桜平〜夏沢峠〜硫黄岳〜夏沢峠(山びこ荘泊)
        A夏沢峠〜横岳(奥の院)〜夏沢峠〜本沢温泉入口
メンバ:ほえ隊と○子さん

☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆


東京にいるのも、あと二ヶ月をきりました。
こちらにいるうちに、どうしても行っておきたい山。八ヶ岳。
開山祭にあわせて、やりパパが休みをとって、こちらに帰ってきてくれたので。
行ってみましょう、南八ツ!


で。上のコースを見て、ピンときてくれた方。
そうなんです。
子連れではじめて、公共機関アクセスで行って見ました。
題して、《電車 de Go!》(笑)

電車でアクセスする場合、桜平までどうやって行くかがネックになります。
夏沢鉱泉に泊るなら、送迎があることは知っていたけど。
イカンセン手前すぎる。
で、やりパパが見つけてきてくれたのが、山びこ荘。
本沢温泉または山びこ荘に宿泊する場合、往路のみですが、茅野市役所から桜平までの送迎をしてくれます。(要予約)
送迎時に、宿泊料金から5000円を預かり金として先払いをするシステムになっています。
さあて、電車で行く山。どんな山旅になったのでしょうか。

☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆ 〜 ☆

当初は、立川からスーパーあずさで茅野に行こうと思っていたのだけど。
一時間余計に時間がかかるけど、鈍行で9時前に茅野に着けることが判明。
京都から合流する○子さんも、甲府まで夜行バスで来るというので。
甲府で合流することに決定。
頑張って、5時38分発の高尾行きに乗ります。
家から最寄駅まで、まずはザック背負って2キロ歩きます( ̄◇ ̄;)

無事に電車に乗り、高尾駅で松本行きに乗り換え。
乗り継ぎ時間が1分しかありませんが、同じホーム向かい側なので問題なし。
ゆっくり二時間半、鈍行列車の旅です。

7時50分、無事に○子さんと合流。
茅野に8時49分着。
市役所までは徒歩10分位だったかな。
送迎のバンに乗り、桜平に10時過ぎ着。
天気予報がよくないせいか、路肩に停めてる車は少なかったです。

DSC_1306_r.JPG

10時30分、桜平を出発。
電車や車での移動に飽きたうなっち。林道ではテンションがあがりません。
しろっちはご機嫌に歩いて行きます。

DSC_1309_r.JPG

林道は飽きるのわかるけど。ちゃんと橋をわたろうよ〜(笑)

DSC_1310_r.JPG

夏沢鉱泉。11時。

DSC_1311_r.JPG

いつものこの場所で、いつも通りおやつ休憩(笑)
11時10分発。



DSC_1314_r.JPG


堰堤の上からようやく山道。
嬉しそうなうなっち。
「早く山道歩きたかったんだよ!」
単調な道はすっかり苦手になりました。

DSC_1319_r.JPG


相変わらず石集めが好きなしろっち。
「槍ヶ岳みたいな石を見つけたよ!」


DSC_1323_r.JPG

この木、覚えてるよね!

DSC_1324_r.JPG


九十九折の登りにはいるあたりで。オーレン小屋のキャタピラと遭遇。
オーレン小屋では、開山祭前夜がオーレン祭。
いつか泊まってみたいなあ。

DSC_1325_r.JPG

早くも雪と遭遇。一昨年よりも雪は若干多そう。

P1000722_r.JPG

ほら、雪と遊んでないで。先は長いよ〜。

DSC_1329_r.JPG

P1000723_r.JPG

あ、硫黄岳見えてる!
きっとガスの中だと思っていたので、テンションが一気にあがります。


DSC_1332_r.JPG


オーレン小屋着。11時55分。
ここでランチ。

うなしろに水汲みを頼みました。

DSC_1333_r.JPG


ありゃ、沢で水汲み?

DSC_1334_r.JPG

そうなんです。
今年はまだオーレン強清水は飲めませんでした。残念。

DSC_1338_r.JPG

ここから雪道になるので、スパッツを着用。
一昨年の反省が活かされています(笑)

13時5分出発。

DSC_1339_r.JPG

こないだはここを左にいったけど。
今年は直進です。

DSC_1340_r.JPG

DSC_0234_r.JPG

夏沢峠まで、大半がこんな道でした。
うなしろもさくさく登ります。

DSC_1344_r.JPG


バクレ〜ツ!(硫黄岳爆裂火口)がお出迎え。
13時35分、夏沢峠着。

DSC_1346_r.JPG


P1000740_r.JPG

お世話になる山びこ荘に荷物を置かせてもらって。

DSC_1348_r.JPG

13時55分、小屋を出発。
ここから先の雪は、樹林帯の一部に残る程度でした。

DSC_1359_r.JPG


樹林帯を抜けて振り返ると、天狗岳も見えてきます。
諏訪側と佐久側で、ガスのせめぎ合い。


DSC_1366_r.JPG


この登りですごかったのがしろっち。
パパにザイルで確保してもらっているのが嬉しかったらしく、新幹線並みのペースでパパを引っ張ってどんどん登ります。
パパは休憩も、写真を撮る暇さえもらえなかったらしいです(笑)
結果、峠から46分で登り切ってしまいました。

DSC_1369_r.JPG

残り三人はゆっくり。
しろっちだけがパパとつながっているのが非常につまらなかったらしいうなっちのペースがあがりません。
(ついつい、「うなっち、早くおいで!」なんて言っちゃったりして。
それは翌日後悔するのですが(笑))

だけど、後ろをみてごらんよ。
天狗のうしろに、蓼科も見えてきたよ。
一昨年、去年と登った山が一直線にみえてるの。素敵じゃない?

DSC_1374_r.JPG


後続隊は、一時間と少しでてっぺん到着。
殆ど期待できない天気予報だったのに。
南八つオールスターが、そこに姿を見せてくれました\(^o^)/

(一日目後半に続きます☆)


posted by ほえ at 23:23| 家族で山歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。