2012年06月18日

南八ツ 硫黄岳・横岳 二日目A 〜晴れ、曇り、霰、雨、晴れ、そして雨〜


東京にいるうちに、行っておきたい山、八ヶ岳。
パパが休暇で帰ってきてくれたので、電車でおでかけしてみました。
二日目前半の様子はこちらから。
最初から読んでくださる方はこちらから。

〜  ☆  〜  ☆  〜  ☆  〜  ☆  〜

DSC_1505_r.JPG


奥の院まで登ってきました。
この時期にしかみられない、ツクモグサ。
もう少し先に行けば見られることは聞いていたけど。
下山のこと、天気のことを考えたら、もうさっさと引き返したくなり。ここが今回の終点。
うなしろ、よく頑張りました。

○子さんから、マンゴープリンの配給を受け、水分も取り。
夏沢峠に向けて出発です。9時35分。
カニの横ばいすぎるまで、一度カメラをザックにしまいました。

IMG_2952.jpeg

パパが携帯で写真撮ると。
なぜかしろっちが怒ります。「とらないでよ〜」

行きに間違えた梯子はパス、無雪期ルートを行きます。
当然ながら、こちらの方が楽。


IMG_8946.jpeg

岩場の下り、一歩ずつね。

DSC_0272_r.JPG

DSC_0274_r.JPG

○子さん、うなっちは問題なく通過。
私とパパでしろっちフォロー。

DSC_1510_r.JPG

岩場が終わっても、気を抜かずに歩こうね。

DSC_1519_r.JPG

イワヒバリちゃん。

DSC_1521_r.JPG

DSC_1522_r.JPG

台座の頭付近、コマクサが群生するところに、鹿よけの網ができていました。

DSC_1527_r.JPG


と。ここで。なぜかうなっちが、「パパと繋がりたいの☆」
人も場所も確保不要ですが。
しろっちがうらやましかったかな。

DSC_1530_r.JPG

山荘の向こうに硫黄岳。あれを越えたら夏沢峠だよ。

P1000927_r.JPG

お腹空いたね。ここで大休止。10時40分。
だけど。ここはいそいでおくべきでした。
11時10分発。

休憩している間に天候は一気に下り坂。
小雨が降り出した、と思ったら。
霰が降ってきました。

地面が雪のように白くなって行きます。

そのあとはしとしと雨。

山びこ荘に12時半着。
着替えをして、パッキングして、昼ごはんを食べて。
快く小屋を使わせてくれた小屋番さん、本当にありがとう。

13時半には出るつもりだったけど。外をみるとお日様が出てます。
おお、あの温泉に入れるぞ。
女性陣、温泉用にきがえをしたりして、出発は14時。
ここでも、よくばらずに急ぐべきでした。

DSC_1534_r.JPG

こんなに晴れてたのよ。

DSC_1535_r.JPG


佐久側は諏訪側より急斜面。山肌に九十九折の登山道。
整備はされて歩きやすいけど、長い。

DSC_1536_r.JPG


雪もあり。

DSC_1537_r.JPG


振り返れば、バクレツ。

DSC_1541_r.JPG


「上見て。木が落ちてきそうだよ!」

DSC_1543_r.JPG

シャクナゲがでてくると、本沢はもうすぐ。

DSC_1545_r.JPG


DSC_1546_r.JPG

あれだ!

しかし。このあたりからまたポツリポツリと雨。

DSC_1547_r.JPG

それにしてもすごいシャクナゲ。咲いたの見てみたい。

DSC_1549_r.JPG

分岐。とりあえず見に行ってみよ。

DSC_1550_r.JPG


DSC_1551_r.JPG



DSC_1553_r.JPG

今回は断念。日本最高処野天風呂、雲上の湯。
ほんとにすごい場所にありますよ。

DSC_1558_r.JPG


P1000945_r.JPG

本沢温泉着。15時20分。
このまま下っても小海線の時間が微妙。いさぎよく内湯に入ります。

石鹸はつかえず、洗い場もなく、湯船だけの内湯だけど。
お湯はものすごく気持ちよかったです。
このままここでビールノミタイ…(T_T)

タクシーを本沢入口までよんでもらい。
本降りの雨の中、最後の歩き。

P1000948_r.JPG

P1000950_r.JPG

綺麗な新緑に励まされながら。
約一時間半で本沢入口着。
うなしろも最後は飽きて、歌やしりとりで気分をあげながら。
よく頑張って歩き切りました。

ここまで来てくれる小海タクシー、濡れた装備のままでもそのまま乗せてくれます。
配車料が180円、小海駅まで5500円でした。
(私たちは食堂が駅側にある小海駅までいってもらいましたが。
その手前の松原湖駅までだと、5000円ほどだと思います。)

IMG_9989.jpg

初めて乗る小海線に興味津々。
あんなに疲れていたのに、ほとんど立ってたうなしろ。

当初の予定では、一本早い小海線で小淵沢、甲府まで鈍行、甲府から高速バスで安上がりのはずが。
最後は小淵沢からスーパーあずさで立川まで。
ビールも飲んで散財でした。

○子さんとは小淵沢でお別れ。
今回も沢山お世話になりました。
また懲りずにお付き合いくださいませ(^_−)−☆
次は夏の本番かな?


〜  ☆  〜  ☆  〜  ☆  〜  ☆  〜

二週間立って、ようやくレポアップ。
反省点など、自分の備忘録として別記事にする予定ですが、
山レポとしてはこれでおわりです。
ここまでおつきあい、ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくです☆



posted by ほえ at 01:10| Comment(4) | 家族で山歩記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
記事いろいろ読ませて頂いたのですが、コメはこちらへ。

あれからどうされてるのかなぁ〜と気になりつつ…
GW姫路のお山にも登られてたんですね!
姫路港も。わぉ、めっちゃ近い(笑)
いつかぜひご一緒して下さいね。

うちは今年はめっきりお山から遠ざかっていますが、夏こそは信州に行けたらいいなぁ…^^

硫黄岳を登るうなしろ君達がとっても逞しくってビックリです!
きっと確実に私より体力あるやろな〜(笑)
Posted by ささのは at 2012年06月29日 14:24
こんばんはー!
遅くなってしまいました。
頑張りましたねぇー横岳とは!
大きな岩や段差もあったでしょうけど
きっといい思い出になったでしょう!
電車やバス、制約も多いし、
人数が多いと出費もかさみますが
行動範囲も広がる事と思います。
関西いってもまた八ヶ岳、
登ってくださいね。
Posted by asa0110 at 2012年06月29日 20:15
ささのはさん☆

こちらに来てくれてありがとう!
中途半端に、姫路に転勤〜、なんてメールしたきりで、大変失礼いたしました。
パパは姫路で単身赴任、私たちは残り少ない東京生活を送っています。
詳細は別便にてメールしますね。

うなしろ。歩きますよ〜。
特にしろっちの成長ぶりがめざましいです。
ランかウォーキングしとかないと、夏山で彼らについていけなくなります、確実に。
涸沢〜穂高、今年もまた行きたいんだけどな。

新生活に慣れて。秋頃かな。
六甲あたりで遊んでくださいね。
あ、もっと近所だから、まずは、姫路で、だね。

どうぞ、よろしくです。

毎度のことながら、お返事が遅れてごめんなさいね。
Posted by ほえっち at 2012年07月04日 23:29
asaさ〜ん☆

いえいえ、こちらの方こそおそくなりましていつもすみません。
バタバタしているうちに一ヶ月が過ぎて。
山に行ったの、ほんとにずいぶん前みたいに感じます。

はい、横岳。欲張りました。
欲張った分、お天気の試練は受けちゃいましたが。
去年の雨涸沢で免疫ができていたらしく。
雨でも歩いてくれたのはよかったです。

電車で山。久しぶりで新鮮でした。
やっぱり小海線が本数少なくて。
時間がかかる子連れの場合は要注意だったなと思いますが。ちゃんと帰れたので(^_−)−☆

関西人に戻る日が近づいてきました。
どうしても、信州ならアルプス、になっちゃいそうだけど。八ヶ岳も忘れません!
Posted by ほえっち at 2012年07月04日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。